ベイプとは?

ベイプをこれから始める超初心者の皆様へ

ベイプとはリキッド(液体)をコイルで熱することで気化したミストをタバコの煙のよううに吸い込むことでいろいろな味を楽しむことが出来ます。
禁煙を目的とした補助用品としても利用されています。
副流煙の臭いが非常に少なく、周りに迷惑をかけることがありません。
喫煙者独特な口臭(本人は気づいていないアレ)もほとんどありません。
しかし、ミスト量が多い物は空間を一気に真っ白にしてしまいますので注意が必要です。

ベイプの体への悪影響は?

基本的に体への害はありません。
リキッドもアメリカ製、国内製品などは安全基準をクリアした物がほとんどで、体への害がないことを第三者機関が証明しています。

体への害については一部のメディアやブログなどで、「発がん性がある」などと記事を書いている方もみえますが、根拠の無い物がほとんどです。

私は紙タバコ入っている発がん性物質と副流煙問題をVapeと同じ土俵で議論するのはもう古いと思っています。
今後はベイプはOKで禁煙の飲食店なども増えてくると思います。(欧米のように)

※ニコチン入リキッドの場合はニコチンによる害などは否定できません。後ほど詳しく説明します。

ベイプって美味しいの?

漠然とした疑問ですが、答えは「YES!!」でもあり「No」でもあります。

ベイプとは自分の好きなリキッドに出会う旅だと考えています。その旅の過程をいかに楽しむか?もし運命のリキッドに出会ってしまったら?考えるだけでワクワクしますね。

はじめてベイプを吸った方は「甘い」といい、喫煙者だと「苦味」が無いので物足りなく感じる方が多いです。
「苦味」=タールですので、タールの発生しないベイプから苦味を感じることは難しいです。「タバコ味リキッド」なども出ていますが、風味はあるものの苦味を再現しているリキッドには出会ったことがありません。

※限りなく近いなぁと思うものはあります。

アイコスと違うの?

アイコスとは違います。
アイコスはタバコの葉っぱをブレードで熱して気化した蒸気を吸っています。吸い殻も出ますし、タバコの独特な苦味があります。原理的には似てますね。
しかし、ベイプはタバコの葉っぱを使用しません。もちろん吸い殻も出ません。

紙タバコからIQosへ移行したユーザーは皆「味がクリアで臭わない」と言います。ベイパーがアイコスを吸うと「臭い」「苦くてまずい」と言います。

実際私もIQosは臭く感じます。IQOSを吸っていかにVepeがクリアーな味わいなのかを再認識しました。

JT のPloomTechとは違うの?

原理的にはかなり似ています。Ploomは気化した蒸気をタバコカプセルを通過させてニコチンを摂取出来るようになっています。
私もPloomを吸ったことがありますが、「ニコチン感」なるものは感じませんでした。
1時間ぐらい吸い続けましたが、「吸った気?」にならないのでやめ時がわからなかったです。
これで生活出来るなら禁煙出来るのでは?と思いました。

Vapeって法律的に大丈夫なんですか?

初心者の方から多い質問なんですが、基本的に今現在Vapeに関する法律はありません。
20歳未満の方のVape使用も法律で規制されてはいませんが、常識的に考えてNG(グレーゾーン)でしょう。
当店でも20歳未満の方への販売は行っていません。

ベイプは爆発するって聞いたけど。。。

一部を除いては安全です。まだ分母が少ないので1回事故が起きると一瞬にして噂が広まってしまい、ベイプ=危険 ベイプ=爆発などと悪い噂の方が早く広まってしまいます。
事故に関してはユーザーの取り扱いミスに起因した物がほとんどです。

現在は初心者でも安全に使用出来る「スターターキット」が売られています。そちらの取り扱い説明書を良く読みご使用頂ければ安全に使用することが可能です。

禁煙できますか?

それは貴方次第です。と言いたい所ですが、禁煙補助用品としてかなり優秀です。
実際に私の周りでも一日2箱スモーカーがVape1ヶ月にして禁煙に成功しています。
私もベイプを初めてから紙タバコをほとんど吸っていません。正直味も忘れました。

ただ、私の場合軽めのニコチン入リキッドを使用していますので完全に禁煙では無いと思います。ニコチンと決別して初めて「禁煙」と言えると思います。

ニコチン入リキッド(ニコリキ)は合法なの?

ニコリキ使用については合法ではありますが、日本国内での販売譲与は禁止になっています。勿論貸し借りもダメですよ。

じゃあどうやって手に入れるの?

自己使用の為の個人輸入が可能となっています。ただし条件があり、ニコチンの濃度に関係なく120mlまでとなっています。

(例)

(1)リキッドA 0mg/320ml + リキッドBニコチン18mg/80ml =税関通過可
(2)リキッドA 1mg/320ml + リキッドBニコチン18mg/80ml =NG

あくまでも例であり、(1)リキッドAに0mgのラベルが貼っていない場合だと「ニコリキ」と判断され税関を通過出来ない場合もあるようです。
おまけ、としてショップが付けたリキッドにニコチンが入っており135mlになってしまい、税関を通過出来なくなったケースなどもあるようです。

個人輸入にはリスクもあることをお忘れないようお願いします。

取り扱いについても注意が必要です。

ニコチンベースリキッドと呼ばれる無味の高濃度ニコチンを輸入し、国内の0mgノンニコリキッドを割ることでコストを抑えることが可能です。

しかし、この高濃度リキッドを子供が飲み込んだ場合はどうでしょうか?考えただけでも恐ろしいですよね。

50gm/mlのニコリキベースは30mlに付属のリキッドスポイト半分が大人の致死量と言われています。子供はその4分の1程度が致死量となります。
これに関しても意見が様々ですが、20mlのニコチンを吸収するのには100ml飲まないと吸収することが出来ず、経口摂取では致死量到達は不可能と言う意見もあります。現在はこちらの意見のが正しいとされています。
日本では子供がタバコを食べたケースは何件か報告があるそうですが、死亡した事例はまだ無いそうです。
とは言うものの、保管に関しては本当に注意して下さい。ニコリキだけでなくベイプ製品全般は子供の手の届くところに絶対に置かないで下さい。

紙タバコとのコスト比較

ベイプと紙タバコ、どちらがコスト的に安いのか?

この疑問に関しては賛否ありますが、禁煙を目的として使用する場合であればベイプのランニングコストは非常に安いものになります。

まずはニコチン入リキッドで紙タバコを吸う習慣を断つのがお勧めです。いきなりノンニコで禁煙しようとすると失敗することが多いです。
ノンニコで禁煙出来る方はパイポなどの禁煙補助グッズでも禁煙できるのではないでしょうか?

本題に戻ります。
まずコストですがニコリキベース50mg/mlを購入し、国産のノンニコリキッドをニコリキベースで割る方法です。

こちらですと30mgのニコリキベースは3000円ほどなのですが、私の場合3ヶ月ほど持ちます。
ノンニコリキッドは1ヶ月で1.5本ほど45mlほど使用していますので、1ヶ月のランニングコストは約4000円となります。

私の場合紙タバコの1ヶ月のランニングコストは約8800円でしたので約4000円ほどのコストカットをすることが出来ました。

が、しかし!

そもそもベイプの楽しさ故、そちらへ投資する金額が増えてしまいましたので、結局のところ良く解らないです。

私の場合、ただ吸い殻になる物に8000円投資するより、手元に残り、末長く楽しむことが出来るベイプへ投資するほうが遥かに有意義だと思っています。

最後にベイプの良さと悪い点について挙げておきます。

【良】

  • ニコチン以外の発がん性物質が無い(ニコ無しならばほぼ無害です)
  • 吸い殻が出ない。
  • 口臭で人を不快にさせない。(営業職で口が臭い人の話聞きたくないですよね)
  • ヤニが付かない。臭いが残りにくい。
  • 副流煙で他人を巻き込まない。
  • 吸いたい時に吸いたいだけ吸える。
  • 味の種類が半端ない。
  • コイルを巻いたりいじくる楽しさがある。
  • デザイン超かっこいい

【悪】

  • 充電が切れると使えなくなる。 (最近はUSB充電可能ですけど。。)
  • バッテリー製品なので天候が悪い日は注意が必要
  • バッテリーや電気に関する知識が多少必要
  • 取り扱いを間違えると危険
  • 目立つ(特に日本人は少数派を嫌う傾向にあるので。)
  • 重い、大きい(タバコ1本と比べると大きいですよ。)
  • 煙量が多いタイプだと、飲食店をホワイトアウトさせてしまうことも。。
  • 禁煙できたけどベイプにはまって逆にお金使っちゃうよ

ざっとこんな感じで、ベイプ寄りの意見になってしまいすみませんでした。

良い部分を上げるとキリが無いので、少なめに書いたつもりです。

※当店では電子タバコ(Vape用品)を喫煙補助用品として販売はしておりません。

では皆様良いベイプライフを!!

次ページ>> ベイプ(ベポライザーの基本構造)

-Home-