バッテリーどれを買う?

ベイプに使われるバッテリー(リチウムイオン電池)はあのサイズながら膨大なパワーを持っています。
ショート(短絡)させてしまったり、取り扱い方法を謝ると爆発の危険があります。

私が問題視していることはベイプが爆発的に普及し始め、数年前と比較するとショップ側もお客様側も電池に対する危険意識が非常に低くなったと感じています。

これはキットに電池を付属して販売することで、お客様が電池の知識が無いままベイプをスタートしてしまうことと、全く違った業種のショップがベイプを取り扱い始めたのも原因かと思います。その結果、ショップ側もお客様側も良くわからない状態で売買しているということです。
このまま行くとMOD側の安全回路などがいくら進化しても、ユーザーの取り扱いに関するヒューマンエラーで事故が起きるのは時間の問題だと思っております。

バッテリーを適切に扱うには危険性の認識が必要不可欠です。
こちらの記事を見て少しだけバッテリーに関して学んで頂けることを願っています。

最近はスターターキット付属のバッテリーがMODの出力特性に合っていないものを付属して売っているオンラインショップなどが目立ちます。
事実私の出品しているYahooショップにも数件ありますので探してみて下さい。オークションはもっと酷いです。

この記事を読み終わり、まだご心配な方はバッテリー一体型のスターターキットをお買い求め下さい。

■バッテリーの表記の意味■
例 IMR 18650 2500(mAh)
IMR=(リチウムマンガン) 18(直径mm)65(全長mm) 2500mAh (容量)

このようにバッテリーの数字の意味合いは主にサイズを表しています。
アルファベットからは型番と生産地が解ります。
各バッテリーのサイズには若干の誤差があり、メーカーによりバラツキが存在します。
このバラツキにより、MODに入らなかったり高さが足りず通電しない、高すぎてバッテリーカバーがしっかり閉まらないなどの問題が発生することがあります。

+極(positive)と-極(Negative)の見分け方
Battery_Negative_positive

左側のフラットになっている方がマイナス極(Negative)
右側のゴチャゴチャしている方がプラス極(positive)となります。
MOD側に表記が必ずありますので、方向を間違えないように挿入しましょう。

+極の種類
ニップルトップ・・・プラス極が高くなるように設計されている。出っ張っている。
フラットトップ・・・プラス極がフラットに設計されている。

基本的に指定が無ければフラットトップを使用するのが一般的です。(初心者の方)
MODにニップルトップが指定されている場合はニップルトップをお買い求め下さい。
※初心者の方がニップルトップを必要とするMODがすぐに思い浮かびませんでした。

リチウムイオン電池の種類

  • ICR(リチウムイオンコバルトリチャージブル)
  • IMR(リチウムイオンリチャージブル)
  • INR(リチウムニッケルリチャージブル)

ベイプは主に上記の3種類のリチウムイオン電池を使用します。

ICRに関しては電子タバコメーカーがスターターキットとして出している物以外は基本購入しなくて良いと思います。
大電流に耐えられる設計じゃない物、もともと用途が違うような物も存在しますので、わざわざICRを選ぶ必要はありません。

IMR、INRは一般的な電子タバコに使用される種類となり、使用方法を間違えなければ比較的安全なバッテリーです。

連続放電とパルス放電(断続)の違いについて。

電池には流せる電流の限界を示した公称値が設定されています。
連続放電電流:連続使用可能な最大電流
最大放電電流:瞬間的に放電可能な最大電流

連続放電【20A】のバッテリーであれば、低抵抗コイルAspire Cleito(0.2Ω)の場合、オームの法則から計算すると75Wで【20A】付近に到達します。
これが危険か?と言われると【20A】のIMRであれば安全マージンをしっかり取った安全圏内だと思います。

以上のことから、20A電池1本での運用の限界は コイルが0.2Ωの場合75W以上では使用しないほうが好ましい。となります。
好ましいという表現をしているのは、ベイプはあくまでも連続放電ではありませんので安全マージンを取ってこのような表現を使用しています。
詳しくはSteamEngineのohm’s lowにて確認してみてください。
※良く解らないうちは0.3Ω以下のコイルやビルドで運用しないことをおすすめします。
※オームの法則はあくまでも基準であり、テクニカルMODの場合基盤でロスが発生します。よって、MODの変換効率により限界値は低くなります。
※基盤のロスはメーカー側が公開していない場合、問い合わせると教えてくれる場合もあります。

結局どの電池を使用したらいいの?
正直同じ【20A】電池でも 秘められたポテンシャルの違いがあります。主にピーク(最大放電電流)や電池容量などですが、一番優れているのは sony VTC5 次に samsung 25Rなどが続きます。
あえてこちらのピークを表記しないのは出来る限り安全に使用して欲しいからです。
※特にVTC5は30A表記されているショップさん等ありますが、SONY VTC5に30A連続放電モデルは存在しませんのでご注意下さい。
※他店スターターキットに最初から付属しているバッテリーなどはお客さま自身でしっかり確認後ご購入して下さい。
※当店ではキットに電池を付属していません。これはお客さま自身に少し勉強して頂き、バッテリーを選んで頂きたいという当店の意向です。

【20A】電池は20A以内で使用して欲しいというのが私の考えです。
【20A】を超える可能性があるのであればsony VTC4をお勧めします。こちらは【30A】電池ですので、より安全マージンが高くなりますが、容量(mAh)が少々低くなります。

100W付近で運用予定の場合、【30A】以上の高出力対応の26650バッテリー(26650 MOD)、もしくは18650×2本の140W~以上に対応したMODで安全に運用頂くべきだと思います。
どうしても200Wなど、数字が大きいMODは危険なイメージがありますが、1本のバッテリーで80W出力するのと2本のバッテリーで80W出力するのでは圧倒的に後者のが余裕があり安全ということです。
もちろん電池の持ちも良くなります。
※2本以上のバッテリーを使用する場合、同メーカーのコンディション(電圧)の等しいバッテリーをご使用下さい。使用開始日付、番号などを記入しておくと尚良いでしょう。

バッテリーのベストバイは何か?

テクニカルMODで通常使用(75W前後まで) SONY VTC5  SAMSUNG 25R  LG HE4 などなど20Aの電池をお選び下さい。
テクニカルMODで低抵抗+ハイワッテージ使用(85W~100w) Sony VTC4 など。

テクニカルMODで高抵抗(1.8~0.5Ω),30W以上の出力で運用しない方はSONY VTC6が圧倒的にオススメです。
理由は体感出来るぐらいに電池容量が多く長持ちするからです。

しかし利点ばかりではありません。

VTC6に関してはご自身の使用環境を把握し、最大電流が15Aを超えないよう設定出来る方が使うバッテリーです。

※これをスターターキットに付属して(30A)と表記して、何も解らない初心者に販売しているショップもあります。ショップ側も多分理解していないと思われます。

電子タバコのバッテリーって偽物が多いって聞きますけど。。

「偽物、コピー品にご注意下さい。」とは言っても、どうやって注意したらいいのか解らないですよね。Sony VTC5 などは偽物が多く出回っています。
事実、信頼出来るバッテリーの仕入れルートってかなり限定されているんです。なので殆どの大手ショップさんはそちらか、そちら関連から仕入れしていると推測しています。
このルートに偽物が混ざるようなことがあれば全世界のバッテリーに偽物が混入することになります。

「全て安全です」と言えないのは、最後の最後はユーザーの取り扱い方法に起因するということと、全てのバッテリーに対して外観以外の検品が出来ないということです。
1本のバッテリーの安全性を確実にするためには1時間や2時間では到底できません。それを数百本なんて無理ですよね。

Amazonや楽天に偽物が多いとか風の噂で聞きますが、そんなことは無いと思います。実際Amazonや楽天に出店したことがある方ならわかると思いますが、偽物を売るリスクが
どれだけ高いか、出店者が一番わかっていると思います。
※残念ながら先日有名なスターターキットのクローン品が、ランキング1位になっていました。初心者の方が気づかず使っているケースが2件ほど報告されましたが氷山の一角でしょう。

実際日本のショップで偽物を掴まされる場合は、「本物だと思って仕入れたバッテリーが実は偽物だった」というケースと、中国の悪徳出品者が日本のアマゾンに直接Prime出品している場合があります。

電子タバコのバッテリー取り扱いの細かな注意点

・完全に放電しないで下さい。(負荷時で2.5V以下)
・安全回路付きの充電器にて充電して下さい。
・最初に使用する場合は完全に充電して下さい(4.2V)
・新しい電池と古い電池の混在使用はしないで下さい。
・別メーカーの電池を混在使用しないで下さい。
・電池の装着時に無理な力を加えないで下さい。
・夏場の車内放置など、高温になる場所に置かないで下さい
・安全な場所に保管して下さい。
・ショートさせないように注意して下さい。
・無人充電しないでください。
・1ヶ月以上満充電の状態で保管しないで下さい。
・電池の皮膜に損傷がある場合直ちに使用を中止して下さい。
・適切な室温と湿度で3.7Vにて保管してください。
・バッテリーに関する知識を持った方が取り扱って下さい。
・異常発熱した場合は直ちに使用を中止して下さい。

当たり前のことを省いて、ざっと書きましたが満充電で長期保存するとバッテリーの寿命に影響します。長期保存の可能性がある場合3.6Vにて保管して下さい。
満充電(4.2V)で長期放置している方が多いです。
2.5V以下になると再充電不可能になる場合がありますので早めの充電を心がけましょう。
MOD側のバッテリーインジケーターのメモリがLOWであれば早めに充電して頂いたほうが良いと思います。
テクニカルMODの場合、バッテリー切れ=2.5Vではありませんので、そこまで焦る必要はないのですが、基本は早め早めの充電を心がけたほうがバッテリーに対する負荷が少なく結果長持ちします。

バッテリーに関して良いサイトをご紹介します。(海外)
実際に各メーカーのバッテリーを検証し、結果を纏められている有名なサイトです。
データーを信用するかどうかは別として、自分の使用しているバッテリーがどこに位置付けられているのか?
ベイプに使用しても大丈夫か?など、一つの基準として参考にして頂けたらと思います。

バッテリーデーターベース  AkkuDB

— home —